業種をきちんと理解

風俗店で働きたいと考える女性のほとんどは、インターネットなどの風俗求人サイトから応募することになると思われます。
この求人サイトを利用する際に、大事になるポイントというのが4つほど存在してきます。
「仕事内容」、「お店の雰囲気と文化」、「お給料」、「ワークライフバランス」の4つになってきます。
この4つさえきちんとクリアしていれば、ほとんど不満もなく風俗のお仕事ができるということなのです。
後、風俗業界が完全未経験であれば、まずは風俗について知ることが大事にもなります。
その第一歩として、まずは風俗の業種を知るということではないでしょうか。

 
一番基本となる業種に「デリヘル」というものが存在してきます。
風俗嬢の40パーセント~50パーセントがデリヘル嬢といわれているほどで、お客様の自宅やホテルに出張してヘルスサービスを行うお仕事になります。

 
次に、短い時間で効率的にお仕事したい女性に向いているのが「ホテヘル」であり、お店の近くにあるホテルへ出張するのがメインになりますので、移動時間の平均は1分~3分くらいで目的地に着きます。
そして、上記の業種とは仕事内容にほとんど変わりのない「ファッションヘルス」というものもあり、これは店舗型風俗店になりますのでお店の中にプレイルームや受付けがあるのです。

 
後、「ソープランド」という業種もあり、これは風俗店の中で一番サービス内容が濃厚であることが特徴であります。
体力的にも大変ですが稼ぎは一番ですので、とくかく稼ぎたい女性にはオススメです。
次に、「風俗エステ」という業種があり、これはあくまで性感エステとマッサージが中心の新しい形の風俗店になります。
ハンドサービスによる射精はプレイの最後の方に行います。
「風俗エステ」と同じソフトな業種に「オナクラ」というものがあり、これはお客様が自分でオナニーするのが「オナクラ」の基本コンセプトです。
気持よくオナニーできるように、たくさんのオプションの中から自分ができることだけチョイスできるので初心者にオススメになるのです。

 
そして「ピンサロ」という業種もあります。
最初は手軽なお仕事内容から徐々に慣れていくなら、「オナクラ」から「ピンサロ」、そして「ヘルス」という流れでステップアップしていく女性もいます。
繁華街に実店舗をがある「ピンサロ」は風俗初心者にオススメでもあるのです。

 
最後に、「SMクラブ」というものが出てきます。
得意、不得意がとても出やすいのが「SMクラブ」のお仕事であり、ある意味ニッチな分野ですが「SMクラブ」を愛用するお客様のリピート率は他の風俗店よりも高いのが特徴でもあるのです。